人気ブログランキング |

PRIDE02 【ヘビー級タイトルマッチ】解説追加!

PRIDE02 【ヘビー級タイトルマッチ】解説追加!_b0252743_18262234.jpg

ヘビー級タイトルマッチ
disk1723
vs
AKUMAOUZI


試合日時 2010/10/23

魔法のパウンドを打つ王者d!skにスタンドを武器とする悪魔王子がベルト奪取に挑む

悪魔王子は決勝戦でみせた事をここでも実行できればベルト奪取は難しくはないだろう。顔面からボディへ巧みに散らすそのコンビネーションは王者といえど、そう簡単には対応できないはずだ。
チャンピオンは悪魔王子の懐に上手く入る事ができるのか。その両眼視力2.0の眼力でスナイパーの如く狙いすましたカウンターを打ち込み、得意のパウンドで悪魔王子の息の根を止めにかかる。

試合結果


試合解説員として2名お呼びしました。※脳内再生推奨

(解説員T田)
何と言ってもね、ヘビー級、所謂人類最強を決めるね、一戦ですよ。
その決勝。
注目は悪魔王子、彼ですよ。
最近の彼は、以前の彼とね、全っ然違いますよね。

(解説員K坂)
まさにそうですよねえ。
意気込みと言うか、今回は特に負けらんないですよ。

(T田)
目が違うから、目が。

(K坂)
非常に気合がのってると言うか、かなり調子良いみたいですねえ。

(T田)
しかもね、北岡おさえてのタイトルマッチ。
今の北岡はね、強いですよー。
それにね、勝っちゃうってんだから。
たいしたもんだ、悪魔強いね。

(K坂)
そうなんですよねえ。
ただ、ディスクですけど、彼も侮れないですよ。
常に命のやり取り、ギリギリの環境で神経研ぎ澄ませてますから、彼は。
先日廊下ですれ違ったんですけど、目がヤバイっすねアレ。(笑)
人殺した事ある奴の目でしたよ。(笑)

(T田)
非常~にね、見ごたえのある試合になると思いますよ、コレは。

(K坂)
どちらの感覚が勝るのか、注目ですよねえ。

(T田)
いやこれ、ディスク凄いわ。

(K坂)
しょっぱなの反応ですよね、悪魔の膝、ガードじゃなくて取りに行きましたね。(笑)
コンビネーションの打ち分け、は互角ですかね。
距離のとり方、悪魔上手いですねえ。

(T田)
悪魔の良いボディ膝、効いたね。

(K坂)
打ち合い嫌ってテイクダウンいきましたからねディスクは。
良い判断でしたよ、アレ。
コツコツ打って良いポジションキープしてコツコツパウンド。
結構序盤のパウンド効きますからね。

(T田)
スタンドに戻されても、すぐテイクダウンいったね、ディスクは。

(K坂)
あ~れ徹底されると、凄くやりにくくなるんですよ。
頭の中忙しくなっちゃって。(笑)
ただ、悪魔は下からも結構仕掛けられるんで、そこに敢えて行くってのは、ディスクは相当グラウンド自信ある証拠ですよ。

(T田)
彼のパウンドはね、魔法ですよ。
何故かね、皆貰っちゃうんだよ。

(K坂)
コンビーネーションからの切り替えが素晴らしいですね、ディスクは。
色々混ぜてくるんで、悪魔、相~当~やりにくいと思いますよ。(笑)

(T田)
悪魔はちょっと乱されたね。

(K坂)
うま~く距離外されましたね。
アジャストしないと、削られてましたよ。
まあ、悪魔は上手く設定しなおしたんですけども。(笑)
やはり上手いですねえ。
ディスクがパウンドで打ち疲れたところも見逃さなかったですし。

(T田)
あそこね、取れたと思いましたよ、私は。

(K坂)
タイミングは完璧でしたね。
あ~れ実は、かなりヤバかったですよディスクは。(笑)

(T田)
グラウンドは、ディスクが一枚上手だね。

(K坂)
いや、悪魔の動きも悪くないんですよ。
ただ、ポジションが良くないですよねえ。
最近はパウンド技術が非常に上がってますから、下だと以前よりど~しても不利なんですよ。
結構コツコツ削られますからね。

(T田)
悪魔はね、やはりスタンド勝負ですよ。

(K坂)
その方が良いんですけど、ややコンビネーションが単調でしたねえ。
ディスクに打ち終わり読まれてました。
結構蹴り足キャッチされてましたから。
あれで、更にやりにくくなったと思いますよ、悪魔は。

(T田)
その後の、悪魔の動き、悪くなかったんじゃない?

(K坂)
そうなんですよねえ。
たた、ディスクのテイクダウン強いですねえ。(笑)
パウンドも嫌らしいですねえ、私は好きですけど。(笑)

(T田)
タックルに上手く合わせた膝、あれは非常~に惜しかった。

(K坂)
あれヒットポイントが数センチずれてたら、ディスク逝ってましたね。(笑)
上手くずらしましたよ。

(T田)
終盤は、良い打ち合いだったんじゃない。
私好みの、所謂「漢のドツキ合い」ですよ。

(K坂)
あそこはディスクが乗っちゃいましたよね。(笑)
悪魔にとってはチャンスだったんですが、実は距離のセッティング少しずらしてたんですよ、ディスクが。
悪魔は冷静にアジャストする必要がありましたよねえ。
そんな中さらにテイクダウン狙って、外していくってのは、ディスク流石でしたねえ。

(T田)
1Rはどっち取ったと思う?TKは。

(K坂)
そうですねえ、スタンドでは序盤悪魔かと思ったんですが、終盤イーブンまで持ち直しましたよねえ。
グラウンドの展開は、ディスクやや有利だと思ったんで、1Rはディスクですね。

(T田)
私もね、同意見ですよ。

(K坂)
2R序盤、ここ「肝」でしたね。
初っ端の展開でか~なり左右されます。

(T田)
まさにね、TKの言うとおりでしたよ。
序盤の動き、これ重要でしたねー。

(K坂)
結構簡単にテイクダウンされたんで、悪魔やばかったんですけど、上手くスイープして、逆に有利に展開できたんですよねえ。

(T田)
と、思ったところにね、落とし穴がありましたよ。

(K坂)
ディスクが一番得意なポジションに、逆にスイープし返されちゃいましたからね。
あのタイミングであれできるディスクが、まあ凄いっちゃあ凄いんですが。(笑)

(T田)
そこからのディスクは早かったね。
得意のパウンド。

(K坂)
あそこかなり効いちゃったんで、よく返したと思いますけどね、悪魔は。
ポジションキープする力残って無かったですよねえ。
スタンドに戻ったとき足踏ん張れて無かったですから、まだ結~構効いてましたね。

(T田)
最後、良い右から左でしたねー。(笑)

(K坂)
一瞬下見せといての左フックですからね。
朦朧としてたら反応できないですよ、あれは。

(T田)
いやー、ディスク強い!

(K坂)
スタンド、グラウンドどちらもほぼ互角でしたけど、ポジションの差でしたよねえ。
良い位置で、「効かせるパウンド」をコツコツ蓄積させてましたよねえ、ディスクは。

(T田)
ここぞの嗅覚、センス、切り替え、流石だね。

(K坂)
ただ、やはり悪魔も素晴らしいですよ。
終盤の切り返しとか、普通できないですよアレは。(笑)

(T田)
やはり相~当~強くなってるね。

(K坂)
悪魔選手、今回は負けたんですけど、次わかりませんね。
本当にわずかの差だと思います。
いや、差、、、があるのかな、、、ぶっちゃけ殆ど感じませんでしたけどね。

(T田)
一時期のね、低迷期を乗り越えて、結果を残した。
悪魔選手、お前漢だ。
そしてね、チャンピオンの底意地をね、見せてくれたディスク選手。
お前も漢だ。

解説のお二人ありがとうございました。

(個人的感想)
蓄積の差、これか、肝は。コツコツパウンド、馬鹿に出来ないですね。スタンドコンビネーション、上下左右の打ち分け、スイープ、スイープカウンター、パスガード、パスガードカウンター、ポジションキープ、全てにおいてハイレベルで展開されているので、見ごたえのある良い試合だったと思います。良いもん見せてもらいました。わたしにゃ出来ん。(笑)
両者とも大変お疲れ様でした。

KAKUB@KA総帥 ysjoooji

by hi64kitaoka | 2012-10-30 12:24 | 大会

<< PRIDE02 【ウェルター級... PRIDE02 【決勝戦】 >>